地産地消

先日、仕事で鹿児島に行きました。。。
特に目的もなく歩いていて目に入ったものがあります。。。。
 

 それは 「雨樋」 です。


それは住宅ではなく、ホテルのものだったのですが
何だか太いんです。。。。
福岡のものと比べるとなんだか太い。
ちょっと違和感があります。。。
なぜだろう!?




 「なぜだかわかります??」



通常では、面積当たりの雨水の量(降雨量)にもとずき、
樋の太さを決めるのですが、鹿児島はそれだけではないんです。。。。
桜島の影響で灰が降るため、詰まりなどを考慮して雨樋を通常よりも
太く設計してある訳です。。。。。笑
面白いですね。。。。。。




これはかなり一般的な事例なのかもしれませんが
その土地(地域)その土地で、、、その地域に住んでいないと
分からないことは少なからずあります。


設計士さんや工務店さんは、
やはりその地元に根付いて活動されている方の方がいいような気がします。

特に九州では台風や大雨による災害は甘く見れません。。。
これからの季節、大雨が多くなります。
特に福岡は冠水してしまう地域が少なくありません。。。。
場所によっては基礎や土地の地盤を高く計画するなんてことも必要です。。。。



c0164230_22351765.jpg

      





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2011-06-01 22:38 | 設計士・工務店
<< 床鳴りの直し方 抜けのある風景 >>