カテゴリ:土地のこと( 7 )

素敵な街並み

九州のある地方都市で見つけた街並みです。
何かが特別というほどのことでもなく、普通の住宅街。
その雰囲気から、おそらく、おおよそ20年くらい前に
大手のハウスメーカーなどが手掛けた宅地ではないでしょうか!?

c0164230_212058100.jpg


c0164230_21425039.jpg



 「写真を見て頂いて、何か気づきます。。。。。??」





何が素敵かと言いますと。。。。。
電線がないんです。。。。
それだけですごく雰囲気がいいですよね!!

この住宅街にまったく電線や電柱がないという訳ではなく
それが「ある通り」と「ない通り」がしっかりと区分けされていて
電線がある通りも、整然と電柱が配置されています。

c0164230_21334491.jpg


こういうことって、なかなか一人の建築家や、住民のちからでは
出来ないことでして、大きな資本による開発ならではのことだと思います。
また、街路樹の雰囲気や緑が多いことも良い印象を与えてますね。
これは地区計画による規制があるのでしょう。。。

「整然としすぎてつまらない」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
宅地としては価値のあるものだと思います。




一方、わが町。。。。。。





c0164230_21484378.jpg


c0164230_2149110.jpg


やりたい放題です。。。。。汗汗汗

初めは抵抗ありましたが、慣れました。。。。笑


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2011-06-23 21:52 | 土地のこと

土地のはなし


住宅街を歩きながら思うこと。。。


しっかりと縦横碁盤目状に道路が整備され、
土地のカタチもほぼ正方形。。。。
そこに建つオウチも、その土地を開発した数社の
ハウスメーカーの条件付きだったりするので
同じようなオウチが立ち並んでいます。
統一感もあり、キレイで上品さが漂ってますよね。。。。
またそれらの宅地分譲地は、同時期に販売されているので
家つくり世代、すなわち30~40代くらいの同世代が
多く集まるという特徴があります。



一方古くからある町並み。。。。
あるお宅は先祖代々100年以上、そこで暮らしているなんて家もあれば、
親の世代から引き継ぎ、親夫婦と子供夫婦の2世帯で暮らしている家もある。
はたまた、ごくごく最近更地になった土地を購入された若い世代の方などなど。。。。
いろいろな方や世代が住む町並み。。。。


さてどちらが良いのでしょう???
個人的には後者の方が好みです。。。。
何だか、道や町並みに変化があり楽しそうですし、
また、いろいろな世代の方が住んでいて、
歴史があることに誇りが持てそうです。。。。笑
そして、決定的ななのが、なぜだか土地が安い。。。
  (もちろん地域的なものもありますが。。。。)

新興住宅地も
「同世代の家族が多く、友達もできやすいのでいいよ~!!」
てなことも言われます。。。。。
でもこいう住宅街も20数年後は老夫婦ばかりの
シルバータウンになりかねません。。。。汗汗



そんなことを思うと、、、、、
3世代くらい、宅地として60年くらい経っている地域は魅力的だな~。。。
人が移り変わりつつも受け継がれている住宅街は、きっといい場所なのでしょう。。。。。
古い町並みでも、そういう土地、個人的には非常に好きです。。。。。。。


c0164230_2119232.jpg




  でも我が家は比較的新しい前者の様な住宅街です。。。。。。。。汗汗


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2011-02-20 21:21 | 土地のこと

土地のちから

自分の家つくりがきっかけとなり、
若干ではありますが最近、建築(住宅)のことを
よく考えるようになりました。
そんな訳で「こんな家がいい」「あんな家がいい」と考えたり、
その様な想いをこのブログに書いています。。。。汗



そんな私がこの家で1年暮らしてみて、
最近非常に強く想うことがあります。
それは「土地のちから」です。
「家つくり」と言いますと、

 「ハウスメーカーがいい」 とか

 「建築家住宅がいい」 とか

 「こんな雰囲気の外観がいい」 とか

何かと上物に気(目)が向きがちですが、
土地が建築に与える影響は非常に大きいと思うのです。
ちょっとオーバーに言いますと、その人にとって
 
 「その土地に建つべき最良の建物」

は既に決まっていると言ってもいいかもしれません。。。(ちょっと言い過ぎかな!?汗)



土地も広さや価格も大切ですが、
その土地の持っている「魅力」「ちから」をよく考えて
選ぶ必要があります。。。。。。

土地選びの段階から「イエ」に対するビジョンをしっかり持ちましょう。。。。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

[PR]
by mitoma-ie | 2010-10-22 20:57 | 土地のこと

「土地に定着する」ということ

c0164230_21393181.jpg

家つくりに先立ち行うこと。
「土地選び」

「その土地に住むということ」

これは「どんな家に住む」ということよりも
大切なことかもしれない。
地鎮祭の様な神事があるからも感じ取れることではないでしょうか?
地球のある場所、、、、
そこに「住む」と決断すること。
きっと、とっても大切なこと。

ある土地は「代々受け継がれていて格式高い人が住んでいた場所」かもしれない。
ある土地は「ずっと、ずっと長い間、虫や動物達がすんでいた森」だったかもしれない。
ある土地は「長い間農作物を作り続けていた畑」だったかもしれない。
ある土地は「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」

そんな色んな長い歴史があったにもかかわらず、
自分の住む場所として生まれ変わった土地。。。。。
そんな長い昔からの背景や、
これまで、ここで生活してきた人達の作ってきた文化。
そんなこんなを受け入れて、、
その土地に住まわせてもらう。。。。。。

なんだかロマンを感じますね。。。。汗笑

私をこの土地にめぐり合わせてくれた全ての人に。。。。
そしてこれまでこの場所に携わってこられた方に。。。
感謝、、、、感謝です。。。。。。笑





でっもって、、、少し現実的な話。
我が家は4~5年前に海辺の森を開発した住宅地。
元々の森の地主さん達が「少しでも多くの人にこの地域に住んで欲しい」との思いから、
土地区画整理事業で区画された住宅地。(←ちょっと想像。。汗)
でも、この週末の様な冬型の気圧配置になると家の廻りは
ちょっとした暴風地帯となります。。。。汗
まっさらの土地だけであればそうでもないのですが、
住宅の建ち具合でビル風のようなスゴイ風が吹くんです。。。。汗汗
昔の森はきっと、優れた暴風森となっていたんでしょうね。。。。笑


まぁ、「俄然、風の吹く住宅地(私ん家)」も嫌いじゃないんですけどね。。。。笑


最高です。。。。。笑



↓↓↓↓ランキングに参加しています!クリックをお願いします!!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mitoma-ie | 2009-12-07 22:10 | 土地のこと

土地がぐぐっと来た時の話 ③

ひょんなきっかけで、久しぶりに不動産やさんに電話。
普段の僕なら、「仕事が終わって夜、電話しよう」と
思うところですが、なぜかその日はその場で電話したんです。


電話に出た担当のOさん。
なんか、、、どうももぞもぞした話し方。。。
ちょっと世間話などで話をつないでいると、核心の話題に。。。。笑
するとなんと、希望のエリアで
「きのう土地を売ってくれそうな人みつかった」
と言うのです。
もちろん、突然見つかったというわけではなく
以前から目をつけていた地主さんだったようですが、
これまでは一貫して「土地は売らない」という姿勢だった方が
少し気持ちが緩んできているとのことだったんです。

そんな訳で、まだ確定ではないが、
交渉次第で充分に見込みがあるということ。。。。


電話をしてみるものですね。
Oさんとしても土地購入希望者が多いので、
誰にいつ紹介するべきか迷っていたとのこと。。。。
(どこまで本当かはわかりませんが。。。。。笑)


私はその場で「今から見に行きます!」と
仕事中ではあったがすぐに見に行きました。。。!
まさに希望エリアで、土地の広さも手ごろな52坪。(コスト的にOK)
まさにストライクど真ん中だったんです。
昨夜、妻と話していた内容とほぼ一致していたんです。
ビックリです。笑

まぁ、まだ地主さんが売ると決めているわけではないのですが、
交渉してもらうことになったんです。
それから少し時間はかかりましたがスムーズに土地の購入まで
流れていきました。。。。



思いついたら即行動ですね。
そして、いつでも行動できるように
常に準備をしておかなければいけませんね。
そんなことを思い知った一日であり、
そんなことがわかった土地購入の道のりでした。。。。


                        おしまい



人気ブログランキングへ
[PR]
by mitoma-ie | 2009-07-01 23:59 | 土地のこと

土地がぐぐっと来た時の話 ②

土地を探し始めてから、どうだろう!?
9ヶ月は経過していたころです。
見つかる気配がまったくなく、
当初考えていた「予算」とか「希望の広さ」とか
若干ぼやけてきていた時期でもありました。


ある日。。。

その日はなんだか急に、嫁さんと
買える土地の条件を念入りに話したんです。
「資金計画」とか「広さ」とか「けんぺい率」とか「場所」とか。。。。
久しぶりそんな話をして、その夜は
「この位(広さや金銭的に)の土地だったら買えるよね~。。。」
みたいなことを話し合っていたんです。



次の日、
昨夜の話のこととか特に覚えてるわけでもなく普通に出勤。
普段どおり仕事をしていました。
お昼ごろ、普段かかってくることはないような、
仕事上で取引がある「不動産やさん」から電話があったんですね。
もちろん自分の土地探しとはまったくの無関係。
普通の仕事の用件だったのですが、、、、、、。

電話を切りぼんやりしていると
「そういえば、ここ最近、不動産やさんに電話してなかったなぁ~」
なんて思いついたんです。。。。笑
勤務中だったのですが、不動産やさんに電話をいれてみました。。。。


                                 つづく


↓↓↓↓クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mitoma-ie | 2009-06-29 21:14 | 土地のこと

土地がぐぐっと来た時の話

少しさかのぼって、土地探しのころのお話。


以前も書きましたが、私は土地探しにあたり

「三苫の海まで歩いていけるところ」

という条件がまず第一にありました。
そんな訳で条件として三苫3、6、7丁目限定です。
このエリアですと海にも駅にも歩いて行けます。

2年前の夏頃から近くの不動産やさんを廻ったりして
その条件を伝え、いい物件があったら連絡もらえるようにと
だいぶんお願いしていました。
ただし、この地域、売り物件事体がほとんどない様子。
どの不動産やさんも厳しい表情です。
その中でも一番頼りになりそうな不動産やさんに
2週間に一度は顔をだし、状況を確認していました。

「何か良い情報ありますか~?」


またまた、自分でも随分と歩き廻り、
空地や空き家を探していました。。。。笑
時には引越しをする人を見かけたら
不動産屋さんに連絡し、

「あそこの家の方引っ越したんですけど、売りに出ませんかね!?」

なんて相談も、しょっちゅうしておりました。。。。汗
(ややうざいですね。。。。汗汗)

でも、どうだろう。。。。。。!?

そんな行動を3ヶ月くらいは続けていたでしょうか?
ただ、本当に売り物件がないようで、
当初の意気込みも若干薄れ、
不動産屋さんへの顔出しも2週にいっぺんが
1ヶ月に一回になり。。。。

ちょびっと土地探しの意欲も冷めかかっていました。




そのころは4月ごろだったかな?
本気で土地探しを始めてから9ヶ月は経過していまして、
ここ数ヶ月は不動産やさんにも顔をだしてもいませんでした。



                              つづく






人気ブログランキングへ
[PR]
by mitoma-ie | 2009-06-24 23:29 | 土地のこと