カテゴリ:mitoma-ieの建物探訪( 33 )

「ソト」との距離感

伺ったのは2月の寒い日でした。

昭和後期に開発されたと思われる住宅街のいくつかの角を
曲がるとその家はありました。
 
道路からはしっかりと緑を蓄えた常緑のシンボルツリーが
目に入り、冬の寒々しさを抑えています。

その奥には白い壁と深い軒、そして濡れ縁。
緑と白、木の優しい表情が上品な印象を与えています。


さて建物の中に入ってみましょう!













  
c0164230_0243475.jpg

 















室内は、田の字型プランに小さなステップで変化をつけた
計画で、1階はリビングと諸室と水回り。2階にはキッチン、
ダイニングとスタジオが配置されています。

ひと部屋ひと部屋は小さいけど、高低差により区切られ
狭さは感じません。家の中心はフロアが違う吹抜けでつながっ
たリビングダイニング。

そこにある大きくはない窓に切り取られた景色は、この
住宅街からはとても想像もできるものではありませんでした。

整然と植えられた葉の落ちた木々の奥で、密生した竹林が悠々と風に
揺られています。そこまで遮るものはなく、そのコントラストが効いた
林を見下ろしていると、誰もが


「あ~、ずっとここで過ごしていたい。」


と思うでしょう。
 











c0164230_0244759.jpg







(つづく)



随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2015-03-17 21:48 | mitoma-ieの建物探訪

家族玄関をあとにして




c0164230_2395277.jpg






家をひと通り見終わり、

「玄関はどこだっけ?」

と思ったとき、このことに気がついたのです。





「そうか、こういう玄関もあるんだ。」





お客さんが出入りする

「家の顔としての玄関」

ではなく、機能や使いやすさを追求した



「家族のための道具としての玄関」。



そこには靴や、外出から戻り汚れている服を収納できる
クローゼットがあります。

窓もなく細くて低い天井に囲まれたその場所は、
丁度キャンプで使うテントの前室のよう。

外に出るのがもったいない。ずっと家のぬくもりを
感じていたくなる様な愛くるしい場所なのです。

振り返ってみると小さく区切られた諸室達も

「秘密基地」

めいていて、その気持ちを一層募らせます。



「このオウチに住む人は、きっとこのオウチが大好きになるだろう。」



あたり前だけど。。。(笑)

帰りたくない気持ちを振りきって、玄関の扉をあけると、

外には2月の風が吹いています。

あわてて、マフラーの首元を整え家をあとにしました。。。。



c0164230_23142997.jpg







随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!







随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2015-03-09 23:17 | mitoma-ieの建物探訪

階段が家の中心でもいいの?


今日も「七隈の家」レポート

c0164230_23123418.jpg






敷地と建物の関係。

景色の良さ。

素材や平面計画など

この家には良いところはたくさんあるのですが、

一番のポイントになっているのがどうも階段。

c0164230_2291173.jpg


2階には大きなリビング・ダイニングと子供室が配置されています。

そしてリビングには、ビルの屋上の搭屋のような



   「階段ボックス」




があります。リビングが宇宙船の様な面白い空間に感じられます。。。。笑




c0164230_2228557.jpg



階段室には存在感のある木の梁と壁のフレキシブルボード。

そしてボックスのガラス。

1階の諸室と2階のリビングとを繋ぐ家のカナメ的な存在になっています。


c0164230_22185957.jpg










この階段を中心にご家族の生活が営まれていく。









あのドアが開いた瞬間。お父様が


 「ただいま~」


と笑顔で帰宅されることでしょう。。。。笑























このお宅の訪問記を振り返りますとわたくし何度か

  「特別」

という言葉を使っていたことに気づいたのですが、


特別、奇抜なアイデアや計画があるわけでもなく、

特別、もの珍しい素材を使っている訳でもなく、

特別、難しいカタチをしている訳でもなく

ですが「特別感」が感じられる。

これから長く住まわれるご家族にとっては、この





 「特別な何かがあるわけではないが、特別な感じがする」




これが一番だと思うのです。















c0164230_23104214.jpg


面白いブロック塀。





c0164230_2311883.jpg


きれいなクーラールーバー





c0164230_2318450.jpg


木の継手




c0164230_23114712.jpg


かわいい緑色のタイル








まだいくつか書きたいことはありますが、また別の機会に。。。。汗

オウチ全体に木の香りがする素敵なお宅でした。。。。笑

ありがとうございました。。。。。!!








随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2013-04-18 23:21 | mitoma-ieの建物探訪

やま・そら・とち・いえ。そして「かぞく」

c0164230_2217217.jpg



今日は七隈の家レポートのつづきです。




訪れたのは3月のおわりの日曜日。

よく晴れた日の午前中です。

比較的細長い敷地にそれなりのボリューム(面積)を収めるために

少しの苦労があった様にも感じられましたが、それもそのはず










南側に

          「エイ っ  !!」

                             と拓けている土地です!


c0164230_21232763.jpg



その特徴を最大限に活かすため2階の大部分が

    「家族がもっとも多くの時間を費やすリビング」

                        として計画されています。


そのリビングからは福岡市を代表する油山をどどっ~んと望むことができるのです(笑)

素敵ですね~~!!

キラキラと輝いています。

この景色を毎朝眺めて暮らすご家族が羨ましい。。。










ですが単なる「2階リビング」ではないところが建築家住宅。。。。



c0164230_2224527.jpg




ただ景色がいいだけにとどまらず、




  「リビング」   

  「バルコニー」 

  「景色」

  「周囲からの高さ」




のバランスがうまく取れていて、





   
    「特別感」





                          が感じられます。。。!!



c0164230_2203921.jpg













このオウチにまだご家族は住まわれいませんでしたが、



はやく「ご家族の笑顔」を見てみたいという気持ちになりました。。。。。笑










                               (つづく)










随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2013-04-15 22:27 | mitoma-ieの建物探訪

素材・機能・ゾーニング








さて今日も 「七隈の家」 レポート!



c0164230_20521298.jpg





さっそく中を覗かせていただきましよう。。。。。笑















家に入って一番の印象は


c0164230_2056538.jpg






  「ムムムっっ、、 なんだか狭っくるしいぞ!」




お施主さまや建築に携わった方には
ちょっと失礼ですが、、、、

1階はどちらかというと家としての道具(機能)スペース。
ご主人様の趣味のお部屋やご夫婦の寝室、水回りなどの

  「家として必要な機能」


がコンパクトにおさめられています。
ググッと生活の機能が集約されていることもあり、
少し狭っくるしく感じたのかもしれません。




















c0164230_20571361.jpg





ですが「天井の高さや素材」が空間を引き立ていて、
何ともふんわりとした雰囲気。
キラキラとしすぎていないところが
ただの機能だけでなく


  「特別な空間」


を演出しています。



c0164230_21203092.jpg




ですが、ここまで1階に機能が集約されているには
他にも理由がありそうです。。。。。笑

















c0164230_21123860.jpg




さてここが階段です。

2階にあがってみましょう。。。。











 
 
c0164230_2141520.jpg




 









随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2013-04-11 21:33 | mitoma-ieの建物探訪

七隈という街




学生時代に過ごしたその街を歩く。



「こんな大きな道路あったかな~」





「今見ている景色」と「古い記憶にある街並み」とを交互に思い浮かべながら、

その違いを楽しみつつ細い坂道を登っていきます。

路地の行止まりに目的のオウチがありました。。。。














久しぶりの建物たんぼう。



「七隈の家」を訪れました。。。。





c0164230_21411226.jpg







今日はお施主様と建築家が植樹をされている模様。





c0164230_214466.jpg






天気の良い日曜日の午前中。

ほのぼのとした「いい時間」が流れています。。。。




c0164230_22281313.jpg






さてオウチの中も覗かせていただきましょう。。。。。。笑







                            (つづく)


随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2013-04-08 22:34 | mitoma-ieの建物探訪

良い家はいたってシンプルなんだと思います


c0164230_19515958.jpg

石垣の上に浮いたようなファザード





c0164230_20114110.jpg

スタディー模型の数々。
お施主さまと建築家の想いがいっぱい詰まった品!





c0164230_1956260.jpg

c0164230_19562947.jpg

キッチン






c0164230_19592482.jpg

雑巾がけ競争ができそうな濡れ縁。
生活がはじまり、子供達が走り回っている姿が目に浮かびます。。。笑






c0164230_19544865.jpg

恒例になりつつあるトイレのカギチェック!







c0164230_1956598.jpg

2階個室。ベットをすぐ横に置くと危険ですが
窓の高さはこれぐらいが好きです!







c0164230_19581840.jpg

c0164230_19583323.jpg

波佐見のまち並みと煙突。
レバーハンドルもいいですね。






さて今回見させていただきました
「OPEN HSAMI」どうでしたか!?
私の印象としてはこのおうち、建築家住宅でありながら

 「気負っていない家」

という感想をもちました。。。。
建築家住宅というとなんだかすごく奇抜でデザイン性に富んだようなお宅。
そして高級そうな住宅を想像すると思いますが。。。。

なんというのでしょう。。。。。

とにかくふつうの生活がふつうに営まれる。
住む人の生活がまさに「ここ」にある感じ。

それでいてしっかりとデザインされた(計画された)飽きのこないおうち。
良い家はいたってシンプルなんだと思います。





c0164230_2095862.jpg





見学ありがとうございました。
吉武君少し腕をあげたかな!?笑









随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2012-07-11 20:30 | mitoma-ieの建物探訪

壁のはたらき

さて本日も先日訪れました「OPEN HASAMI」の紹介です。
このお宅は陶芸をされているご主人様の
ギャラリースペースを備えた住宅とのこと。




アプローチ。
正面からのオープンな印象とは対照的に閉ざされたファザード
「白い壁」が黒い壁と背景の緑に引き立てられ、きれいに映えます。

c0164230_6491727.jpg






そしてお施主様が焼かれたという「淡い青色のタイルの壁」が部屋の中へ人を導きます。
(中央の人が集まっている所が玄関です)

c0164230_12555199.jpg






中に入りますと。。。。。




c0164230_6535956.jpg

(写真は玄関から内部に入ったところ手前がギャラリースペースとなります)

中央の玄関スペースを挟んでアプローチ側がギャラリーと客間的和室。
そしてその反対側が「リビング~ダイニング~キッチン」の
大きなワンルームとなっています。
そして中央の黒いボックスの中に水回りと個室×2室が
おさめられています。実は2階建てのお宅ですね。





玄関は広々とした土間となっていて薪ストーブがしつらえてあります。
写真は最近お腹が気になる建築家の吉武君。。。。笑

c0164230_21184588.jpg


c0164230_21194488.jpg


生活が始まってからもこの様に薪ストーブを前に
くつろぐご家族の姿が目に浮かびます。。。。笑
このブラインドは上にも下にも開くそうです。。。
オープンな住宅であるためプライバシー上、
かなり重要なアイテムとなるのでしょう!







さてここまで拝見して「いいな~」と思うこと。。。



それは外のアプローチから内部の土間までを印象付ける

「やわらかいブルーのタイルの壁」

c0164230_21481546.jpg








ギャラリースペースから部屋の内部まで続く、

「直線的な黒い板壁」

またこの壁は黒いボックスの外壁でもあり、
内部と外部をうまくつないでいます。

c0164230_22193736.jpg








内部を軽く区切る

「透過性のある構造壁」

c0164230_21504034.jpg



またまた樹木が入ったらその緑を引き立てるであろう

「視線を遮るコートの白い壁」






ただただ広々としているという訳ではなく、

いろいろな壁がいろいろな役割で重要なはたらきをしています。



  「壁のはたらき」



これらは平面的なプラン上では、
ほとんど見えてこない(よくわからない)部分ですが、
これらの壁がある(効いている)ことにより
素敵な空間が生まれているんだと思います。
建築家住宅ならではのすごいところです!。。。。笑



c0164230_2215725.jpg






                                     (つづく)

 





随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2012-07-07 22:33 | mitoma-ieの建物探訪

陶芸のまち波佐見



日曜日にシトシトと降る雨の中、陶芸のまち波佐見を訪れました。

「はさみ」という響きがすごく気に入っていて一度は訪れたかったところ。。。

さてその目的は。。。。。

おっと、

見えてきました。

見えてきました。


c0164230_6501374.jpg



実は陶器ではなく、たてものを見に行ったんです。。。。。(笑)
(すぐ横に焼き物工場のものと思われる煙突があるのが波佐見っぽいですね)
白と黒の外壁がチラリと見えます。






友人でありイケテル建築家吉武君設計の
「OPEN HASAMI」
オープンハウスということで見せていただきました。

c0164230_70287.jpg


一見すると平屋建てにも見えますが、どんなお宅なんでしょう!?











c0164230_702392.jpg


エントランスへと向かいます。。。





すっきりとした木製建具。

うすい庇。

きれいですね。。。。





                               (つづく)


随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2012-07-04 07:04 | mitoma-ieの建物探訪

たけとみじま

c0164230_2384965.jpg



竹富島を離れて数か月ほどたちますが
先日の記事は「つづく」としていましたので、
その続きです。。。。汗

竹富島の住宅群は「重要伝統的建造物群保存地区」として
選定されています。
「まち」としてひとつポリシーといいますか、
生き方といいますか、私の様な若輩者が語ることの出来ないような
歴史と文化が潜んでいるまちなみです。

その気候や風土、そしてそこに住む人達が育てた「いえ」があります。


c0164230_23151969.jpg
c0164230_23154643.jpg


ここを訪れると。。。。
生かされている。。。。
助け合っている。。。。。
自然をおすそわけしてもらっている。。。。

そんなことを感じることができます。

c0164230_23254436.jpg

c0164230_2337245.jpg

c0164230_23261426.jpg


その土地にある材料を使い、すえ長く更新して使う。

c0164230_23204786.jpg



あることがあたりまえではありません。
資源は有限ということを教えてくれます。。。。。

c0164230_2322083.jpg




また訪れたいまちです。。。。





                                           (つづく)







随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2012-06-02 23:26 | mitoma-ieの建物探訪