「ソト」との距離感

伺ったのは2月の寒い日でした。

昭和後期に開発されたと思われる住宅街のいくつかの角を
曲がるとその家はありました。
 
道路からはしっかりと緑を蓄えた常緑のシンボルツリーが
目に入り、冬の寒々しさを抑えています。

その奥には白い壁と深い軒、そして濡れ縁。
緑と白、木の優しい表情が上品な印象を与えています。


さて建物の中に入ってみましょう!













  
c0164230_0243475.jpg

 















室内は、田の字型プランに小さなステップで変化をつけた
計画で、1階はリビングと諸室と水回り。2階にはキッチン、
ダイニングとスタジオが配置されています。

ひと部屋ひと部屋は小さいけど、高低差により区切られ
狭さは感じません。家の中心はフロアが違う吹抜けでつながっ
たリビングダイニング。

そこにある大きくはない窓に切り取られた景色は、この
住宅街からはとても想像もできるものではありませんでした。

整然と植えられた葉の落ちた木々の奥で、密生した竹林が悠々と風に
揺られています。そこまで遮るものはなく、そのコントラストが効いた
林を見下ろしていると、誰もが


「あ~、ずっとここで過ごしていたい。」


と思うでしょう。
 











c0164230_0244759.jpg







(つづく)



随時募集しています。
お宅を拝見させていただける方がいらっしゃいましたら
ご連絡下さい。
↓↓こちらまでメールをお願いします
mitoma-ie@excite.co.jp
よろしくお願いします。。。。。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2015-03-17 21:48 | mitoma-ieの建物探訪
<< 「夜の愉しみ」 家族玄関をあとにして >>