おさまり



今日は久しぶりのカテゴリー「mitoma-ieの建築用語辞典」です。



その用語は おさまり です!


家つくりの過程で一度くらいは耳にするのではないでしょうか!?
例えば

  『なんか「おさまり」よくないよね~。。。』

                   みたいな会話です。

さて「おさまり」って何なのでしょうか?
会話としては意味が 「??」 な場合でも
「おさまり」って言葉自体は難しい言葉でもないので、
会話の中にその言葉が出てきても、何となくわかった「気」になって
そのまま会話は流れていきます。
まぁ、そんな感じの言葉なんです。。。。。汗
私も上手く文章に出来ないので、
中村好文さんの書籍から引用させていただきます。


〉おさまりとは主にモノとモノの隣接部分や接合部分、あるいは端部の処理の仕方などの
〉善し悪しや、巧拙を言うときによく使います。たとえば「壁と床のおさまりが良くないね」
〉とか「手摺の取付け部分のおさまりが綺麗だね」といった具合です。そしてこの言葉は
〉時として設計者の気持ちの在りようも表現することが出来ます。「そんな普通のやり方
〉じゃおさまらないね」なんて言うときは、実際のものの処理、あるいは仕舞だけでなく、
〉その設計者の気持ちのおさまりのことも言っているのです。


っとこんな感じです。。。。。汗
横文字だと、「ディティール」という言葉がしっくりくるでしょうか!?
ですが、実際のディティールだけではなく、設計者の心のありよう
みたいなところを表現できる言葉でもあるのですね!?。。。笑



ちなみにこれは実質的に。。。。。。
c0164230_22202635.jpg

「きれいにおさまっている」





ちなみにこちらはこころの在り様的に。。。。。
c0164230_22224048.jpg

「きれいにおさまっている」


う~~~ん、、、、何だか違うな。。。。。。汗汗汗











にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2011-08-11 22:27 | mitoma-ieの建築用語辞典
<< 日かげ権 我が家の「見える化」 >>