目地は細い方がかっこいい!?


今日は壁や床の「タイル」や「石」の 目地の幅 のはなしです。

皆さんの身近なところにあるタイルや石の目地幅はどのくらいでしょうか??





c0164230_2125943.jpg

        ちなみに写真は我が家の土間タイルです。
        300角のタイルにおおよそ8㎜の目地で張られています。


c0164230_21353434.jpg

        こちらは浴室の壁タイル。300角に4㎜の目地幅です。


「パッと見」で目地は細い方が「かっこいい」と思うのですが、皆さんいかがですか??
では、なぜ目地をとるのでしょう??




今、思いつく限りその理由は3つです。

  ①タイルは基本的に焼いて作るものなので、焼き上がりによっては
   大きさにばらつきがあるため、目地がないと、きれいに(真っ直ぐに)張れない。
   一方、石の場合は一枚一枚、切断してつくるので、同じ大きさにすることが出来、
   細い目地が可能となります。

 
  ②熱や衝撃などにより、タイルに動きが生じた場合、割れたり浮いたりする。
   その点、石はタイルに比べて厚い分、動きが小さく割れにくい。

  ③割り付け上の問題で目地幅を大きくしたり、小さくしたりして総長さを調整する。





この様な理由から、タイルの場合は「ある程度の目地幅」をとる必要があります。
ですからタイルの種類や部位によって、その相場があるんですね。。。。
ですが石の場合はタイルに比べて、目地幅をある程度、自由に設定できます。

建築家によっては、石やそれ専用のタイルなどを用いるなどして、
限りなく目地を細くしたり、ねむり目地と言って目地をとらない場合もあるんです。。。。



お値段がはりそうですけどね。。。。。。汗汗汗






にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑ ランキング参加しています。
お手数ですが、よろしければクリックをお願いします!!
[PR]
by mitoma-ie | 2011-05-11 22:44 | 設計・間取・計画のこと
<< ビッ。。ビックリ!!  これが... フローリングのワックス掛け >>